2006年09月04日

堀江さん協奏曲

ホリエモン捜査の最中に、ライブドア事件を捜査していた現場総括の東京地検特捜部特直2班の北島孝久副部長が、突然と、東京高検検事に昇格するという摩訶不思議な人事があった。さらに、北島さんは「健康上の理由」で、東京高検に「出社拒否!」。せっかく出世したのに、なんと、その後、辞職してしまった。(辞職受理は3月23日)

ふ、そりゃー無理だわ

今日の検察側の起訴半のデブ検事どもは完全に負け組みに配置される陣営である。

野口さんが死んだ事がキーなのである。

どんな事を言おうが、投資事業組合は、執行役員に一任されている。その野口さんが堀江さんとどうつながっているか、解明しないかぎり無理なのである。
posted by reb5 at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

堀江被告初公判
Excerpt:  本日は、裁判員制度有料マガジン第一回の発行日です。裁判員制度批判活動を本格化させたいところですが、そのためにはまだまだ登録者が不足しております。ブログ読者に申し訳ございませんが、協力のほどよろしく...
Weblog: 高野 善通のブログ雑記帳
Tracked: 2006-09-04 20:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。